ベネッセ株の買い時の見分け方!株初心者必見!

常勝トレーダーが密かに実践している株の買い時をキャッチする方法を教えます。

カテゴリ: ベネッセ 株 買い時

株の買い時を知る方法として、
板読みすると良い、という意見もありますよね。

板を見れば確かに、
売り買いのバランスを確認することができます。


売りに対して買いの方が圧倒的にボリュームが多ければ、
買い時だと考えられるわけですね。



これはこれで確かに合理的な判断ではあるものの、
気を付けなければいけないのは、その銘柄の株価が
下落傾向にある場合です。


大きなトレンドでは値下がり傾向にあり、
それが一時的に戻りを形成しようとしているのかもしれません。



一時的に株価が寝会がすることがあっても、
遅かれ早かれまた下落に転じてしまい、
損切させられることになります。

よほどうまく売り逃げることが出来なければ、
トレンドに逆らって利益を出すのは難しいものがあります。



では、株で買っているトレーダーは、
どうやってトレンドを味方につけてトレードしているのかと言うと、
実は単純な3ステップなんです


1.長期的に上昇傾向にある銘柄を見つける
2.1.で見つけた銘柄が十分に値下がりするのを待つ
3.再び上昇するタイミングで買い注文を入れる



この3つをルール通りに淡々とこなしていくだけで、
口座残高が勝手に増えて言っているんです。



■1.長期的に上昇傾向にある銘柄を見つける

まず大きなトレンドを見極めるために
会社四季報を見ます。

月足チャートの移動平均線が
上向きつつある銘柄を探します。



つまり上昇トレンドが発生しかけてる銘柄の、
初動をとらえに行くんです。


他にも、業績コメントを見てみて、
ネガティブな単語が並んでいないことをチェック。

減収減益・黒字幅縮小、材料出尽くしといった言葉があれば、
その銘柄は避けるようにします。



■2.1.で見つけた銘柄のチャートをチェック

1で見つけた銘柄の株価をチャートで毎日チェックします。

買い時を探るために
6つの条件が成立しているかどうか?をチェックするんですが、
慣れてくると1銘柄当たり1分もかかりません。


しばらく条件が成立しなさそうな銘柄は、
週末にまとめてみればよいので、
1日の作業時間は10分もあればOKです。


無事に6つの条件が成立したのを見届けたら、
翌日の寄り付き注文を設定しておけばOKです。



■3.決済条件を確認して利益確定


売るタイミングもチャートから判断します。

買い注文を入れるときの条件に比べて、
確認すべき項目がかなりシンプルになっているので、
タイミングを逃す心配はほとんどありません。

株を今まで経験したことのない素人でも、
マニュアルを見ながらでもトレードを何度かやれば、
すぐに理解して再現できるレベルです。



実際に、ここで紹介したルールでトレードしたら、
どんな結果を出せるのか?を見てもらいますね。

seiseki02




勝率100%ではありませんが、
その分、勝てるトレードのときには、
しっかりと利を伸ばせるルールになっています。

ファンダメンタル分析を極める必要がないので、
毎日の経済ニュースに目を光らせる必要はありません。


1から10まですべてルール化されているので、
個人裁量をさしはさむ余地がほとんどなく、
メンタルが揺さぶられることもありません。



この手法についてもっと詳しく説明できればよいんですが、
マニュアル以上に丁寧にわかりやすく説明できる自信がありません。
↓↓↓



マニュアルは返金保証がついているので、
少なくとも、お金を無駄にすることはないものの、
このブログを見ていただいたのも何かの縁です。


このブログ内のリンクからマニュアルに申し込んでくれたら、
下記の特典を無料でプレゼントしますよ。


この特典があれば、金銭的負担をさらに減らせるので、
株で資産をさらに増やしやすくなりますね!













株やFXなど、マネーを増やす方法はたくさんあります。しかし、どの方法にもリスクがあり、運が悪ければ、何百万円(場合によっては何千万円)ものお金を失ってしまう可能性があります。また株やFXなどは、ある程度の専門的な知識が必要で、それを身につけるのは大変だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。今の仕事を一生懸命頑張って給料を増やすことも可能ですが、現在の日本の経済状況を考えると、それはやや難しいのかもしれません。上記の方法以外に、確実にお金を増やせる方法はないのでしょうか。

あまりにもオーソドックスな方法で、拍子抜けされるかもしれませんが、1つだけあります。それは無駄な支出を省くということです。これを実行しても、それほど資産が増えることはありません。しかし、確実性と安心感はあります。さらに、今すぐ実行できるので、即効性も感じられるでしょう。無駄な支出を省く一番良い方法は、家計簿をつけることです。もし可能なら、毎日つけるようにすれば、一目で家計の状態を把握できるようになります。そのことによって、どんなものに無駄にお金を費やしているか分かるようになり、お金の節約ができます。家計簿を使った節約の場合、節約できる金額はわずかです。例えば、月に3,000円程度かもしれません。それでも一年で3万6千円、十年で36万円なので、決して馬鹿にできない金額になります。

家計簿を続けるコツは、細かなところにこだわらないことです。例えば、使ったものを全部書き出していたら、手間がかかり過ぎます。そこで、使った金額の大まかな内容を記録するようにします。ただし、減らしたいと思っている分野の支出は詳しく書いたほうが良いでしょう。それから計算がきっちり合わなくても、気にしないことが大切です。レジャーの費用など季節によって変わるものは、日々の支出に計上しないほうが、家計簿をつけやすいです。

家計簿をつけるときには、まず予算を立てます。食費や光熱費、保険料など、毎月の支出になるものを予想して、費目を分けます。費目は細かくしないほうが良いです。予算が決まったら、毎日支出を記録していきます。紙の家計簿に記録しても良いですが、パソコンのエクセルを使うと、便利で効率的です。1ヶ月続けると、家計の支出の内容が分かります。それをじっくり見ると、どの分野に多くお金を使っているか分かるでしょう。食費などの生活に必要な分野に使っているお金は減らす必要はありません。通信費やレジャー費などは、努力すれば減らすことができるでしょう。

↑このページのトップヘ